あと1品にしょうがのパワーを!卵巾着、甘辛しょうが麹タレ


新年度が始まり、入学や就職などはじめての環境にストレスを感じやすい時です。ストレスには、腸内を「発酵場」にし免疫力を高めるのがおすすめです。良い発酵場には、良い食材を取るのが一番です。今日おすすめするしょうが麹は、宮崎県綾町のゆたかな土と水、太陽で育てた「しょうが」と「お米(米麹)」だけで作った調味料です。全ての材料は、無農薬・無肥料栽培で作られています。本物の調味料と一緒に、ストレスに負けないボディーケア、はじめてみませんか?

今日は、しょうが麹を使った簡単な1品をご紹介します。麹を使うときには、できれば加熱せずに発酵菌をそのまま摂取するのがおすすめです。今回のレシピでも、しょうが麹は最後に混ぜ込むよう工夫しています。電子レンジで仕上がるのも嬉しいポイント。作り始めて5分もせずに完成できます。

卵巾着>

2人分

油揚げ 1

卵 2

A:めんつゆ(2倍濃縮大さじ1

A:水 大さじ1

しょうが麹 小さじ1

細ねぎ(刻み) 適量

①油揚げは半分に切り、袋状に口を開く

②卵を別容器に割り入れて、1に入れ、爪楊枝で口をとめる

③耐熱ボウルにAを入れて混ぜ、2をのせ、ふんわりとラップをして600Wの電子レンジで230秒加熱する

④タレにしょうが麹を混ぜ、器に盛って、ねぎををちらす。


しょうが麹は、味噌と一緒にお湯に溶いて味噌スープに、紅茶にいれて、ジンジャーティなど様々なお料理にご使用いただけます。使いやすい調味料なので、麹シリーズが気になる!という方は、まずはしょうが麹から試してみるのはいかがでしょうか。



▶しょうが麹商品ページはこちら