【会員様限定】商品レビュー投稿でギフトカードプレゼント!

茶の違いってなんでしょう?

身近な飲み物だけど、意外と知らない!!??

みなさん茶と言うと、

どういったドリンクを思い浮かべますか?


緑茶やウーロン茶?

アールグレイやダージリンの紅茶?


などなど、様々なドリンクを思い浮かべると思います。


普段、なかなか意識されないと思いますが、

そもそも、「緑茶」や「紅茶」の違いとはなんでしょうか?


今回、一緒に勉強していたきたいと思います。

実は、緑茶・紅茶・さらに烏龍茶の原材料は同じです!!


学名を「カメリアシネンシス」、和名で「チャ」と呼ばれる

常緑樹から摘み取った茶葉から作られます。


原材料が同じ…

では、どうやって違いが出るのでしょうか?


答えは、2つの事で違いを生み出していました。


①発酵度
②製造工程


①発酵度


ここで言う発酵とは、

納豆やヨーグルトのように、発酵させる働きのある菌によって

発酵する事ではありません。


茶葉に含まれる「タンニン」が酸化して発酵する事を指しています。

皮を剥いたりんごを放っておくと、茶色く色が変わる事がありますよね。

それと同じ酸化発酵の事を指します。


そんな発酵ですが、「火をいれると発酵が止まる」という特性を持っています。

その特性を活かして、製造工程で、それぞれの違いを生み出すことが出来ます。


ちなみに、違いは以下の通りです。

緑茶
不完全発酵
紅茶
完全発酵
烏龍茶
半発酵


②製造工程


緑茶

緑茶は不完全発酵茶なので、製造工程で発酵を行いません。

茶葉の摘み取り作業が終わったらすぐに炒り、発酵を止めています。

茶葉の色が緑色のままなのも、渋みが抑えめで甘味があるのも、

発酵作業をしないからなんですね~。


1. 茶葉を摘み取り、蒸すまたは炒って発酵を止める。
2. 茶葉の水分を飛ばし、こねるように揉む
3. 形を整えたら、乾燥機で乾かす。



紅茶

茶葉は「手を加えないことにより発酵が進む」という特徴があります。

紅茶は十分に茶葉を発酵させることで、渋みやコクを生み出しています。

摘み取った茶葉の水分を飛ばし、揉みこむ作業をした後、

じっくりと発酵させたものが紅茶になります。


1. 手摘みした茶葉を陰干しする。
2. 葉を砕いて発酵を促し、揉んで茶葉の形を整える。
3. 20~25℃程度の湿度が非常に高い場所で寝かせ、発酵させる
4. 乾燥器で乾かす。



烏龍茶

烏龍茶は紅茶を製造する際に行っていた発酵工程を

途中で停止させたお茶のことをさします。

製造元で違いますが、どの程度まで発酵させるかで味に変化がうまれます。


1. 茶葉を摘み、天日干しにする。
2. 茶葉を室内で寝かせた後、発酵させる。
3. 釜で炒り、発酵を止めてから、茶葉を揉む。
4. 布で茶葉を包み、絞りながら形を整える。
5. 水分量を減らし、形が戻らないように乾燥させる。



こんなにも、違いがある茶!!

知る事で、よりおいしいと感じていただけると思います。


紅茶や緑茶はもちろんの事、

フルーツティーやハーブティーも取り揃えております!!


ALTHAUS、ぜひお楽しみください。