ドイツとハーブティーの関係とは?


ヨーロッパとハーブティーの歴史

ヨーロッパは古くからハーブティー文化が根付いています。

その歴史は古く、古代ギリシャや古代ローマ時代から、ヨーロッパの人々は自然からのハーブを利用して健康を維持し、病気を治療しました。

中世には修道院でハーブの栽培や調合が行われ、現在でも専門店やスーパーマーケットなどの小売店のほか、ドラックストアでも調合されるほど生活に根付いています。

ハーブを語る上で欠かせないのが古代ギリシャの賢人「ヒポクラテス」

今では当たり前に浸透している、果物や野菜が健康によいということを推奨しはじめた人です。

彼の著書には400種類以上のハーブの利用法が書かれており、ハーブティーやアロマテラピーの開祖ともいえます。


    ドイツとハーブティーの関係

    ハーブティーは自然療法の一つとして、健康の維持や不調緩和の目的で愛されてきました。

    特にドイツではハーブの研究が進んでおり、ハーブの有用性や安全性の基準において、ドイツはEUの中で中心となっています。

    現在も常に研究を進めており、世界のハーブに関する法律・通達の80%がドイツにあるともいわれています。

    しっかりと科学的な研究も行っているからこそ、ハーブへの信頼も高く、日常的にハーブティーを飲む習慣が文化として根付いています。

    ハーブティー生活を楽しもう

    ハーブティーは多くの健康効果を期待することができます。

    消化を助けたり、ストレスを軽減したり、睡眠をサポートするものが有名ですね。

    たとえば、カモミールティーは不眠症の症状を緩和するのに役立ち、ストレス解消にも効果的です。

    また、ミントティーは胃腸をスッキリとさせ、疲れやストレス由来の消化不良時に効果的です。

    ハーブティーは、自然からの贈り物として、多くの人々の体調不良の緩和や健康のサポートを担ってきました。

    何かと科学的な薬に頼りがちな現代ですが、病気の予防も含め普段から小さな体調不良を改善するハーブティー生活を取り入れてみてはいかがでしょうか。