お口の中も夏バテする!?口腔内のトラブルの原因に!


夏バテといえば身体の疲労や倦怠感、食欲不振などのイメージですよね。

実はお口の中も夏バテすることをご存知でしたか?

身体の免疫力が下がると口腔内の菌の活動が活発になり、口臭や歯周病に繋がります。

そこで今回はお口の中の夏バテについて、気を付けるべきポイントと対策をご紹介します。

夏バテで減少する「唾液」

これからの暑い時期は汗をたくさんかいたり、寝ているとき無意識のうちに口呼吸になりがちです。

更に汗をかいて身体が夏バテしてしまうと、体内の水分が不足し、より唾液の分泌量が少なくなります。

自浄作用の唾液が少なくなり、お口の中が乾燥した状態になることで 口腔内の悪玉菌がどんどん活発になります。

そのままにしておくと口臭や歯周病リスクが高まり、口腔内のトラブルを招きやすくなります。


口臭

私たちの口内環境は、唾液の自浄作用によって守られています。

唾液は、口の中の細菌の増殖を抑え、食べかすを洗い流すことで、口臭を予防する重要な役割を担っています。

しかし、夏は注意が必要です。

気温の上昇に伴い、私たちは大量の汗をかきます。

これにより体内の水分が失われ、唾液の分泌量が減少してしまうのです。

さらに、夏バテによる免疫力の低下も、口臭リスクを高める要因となります。

免疫力が低下すると、口内細菌が活発になり、口臭の原因物質を生成しやすくなるためです。

つまり、夏は「唾液の減少」と「免疫力の低下」の二重苦によって、口臭が発生しやすくなるのです。


歯周病

夏バテによって免疫力が低下すると、口の中の環境も変化し、歯周病が進行しやすくなります。

歯周病菌は、健康な状態でも口の中に存在していますが、通常は免疫力によってその増殖が抑えられています。

しかし、夏バテなどで免疫力が低下すると、歯周病菌が活発化し、歯茎の炎症を引き起こしやすくなるのです。

さらに厄介なことに、歯周病は初期段階では自覚症状がほとんどありません。

そのため、夏バテの時期に知らないうちに歯周病が進行し、気がついた時には重症化しているケースも少なくないです。

歯茎のマッサージで健康なお口に

この夏は、 手軽に唾液を促進する歯茎マッサージ習慣を始めませんか。

名前の通り、人差し指で歯茎を優しくマッサージするだけととてもシンプルです。

一緒に

耳の下(耳下腺)
顎の下(顎下腺)
舌の下(舌下腺)

をマッサージすると、更に唾液が出やすくなります。

「時間が無くてマッサージできるタイミングがない・・・」という方にオススメなのが、歯茎に塗るだけでも同じ効果を得られるオイル「ハーバルオーラルケアオイルマイルド」です。

暑い夏は知らないうちに、口腔内まで夏バテしやすいからこそ、毎日の歯磨き習慣に歯茎マッサージを取り入れて、減りやすい唾液の分泌を促し、口腔内を守りましょう。

更に7/12(金)まで20%OFFでお買い求めいただけるキャンペーンを実施中です。

この機会に是非お試しください。


商品詳細はこちら!