ターンオーバーが遅いとどうなる?肌トラブルを防ぐ方法



年々、お肌のくすみや毛穴の開きが気になるようになってきた・・・と感じていませんか?
色々な化粧品を試したり、食事に気を付けているのに、お肌のコンディションが良くならないのは、「ターンオーバーの乱れ」かもしれません。

ターンオーバーが乱れると、肌のくすみ、毛穴の開き、シミやシワなどの原因になります。

この記事では、ターンオーバーが遅くなる原因と、ターンオーバーを正常に保つための方法について解説していきます。

そもそもターンオーバーとは?

ターンオーバーは、表皮の基底層で生まれた細胞が、徐々に上へ押し上げられ、角質層で剥がれ落ちるまでの、肌の細胞が生まれ変わるサイクルを指します。

ターンオーバーの周期は、年齢や肌の状態によって異なりますが、一般に28日程度と言われています。

ターンオーバーが正常に行われると、肌はしっかりと整い、ツヤやハリのある状態を保つことができます。

ターンオーバーが乱れると、肌が生まれ変わるサイクルが遅れ、古い角質が残りやすくなります。
そのため、肌がくすんだり、ごわごわしたりする原因となります。

年代別:ターンオーバーの周期はどれくらい?

ターンオーバーの周期は、年齢によって異なります。
一般的に、年齢が若いほどターンオーバーの周期は短く、年齢を重ねるにつれてターンオーバーの周期は長くなります。

20代:28日程度
30代:35日程度
40代:40日程度
50代:50日程度
60代:60日程度

あくまでも目安ですが、年齢があがる毎にターンオーバーの周期が遅くなることは間違いないです。

ターンオーバーのメカニズム

ターンオーバーによってお肌が生まれ変わるサイクルは、4つの段階で進行しています。

基底層:細胞分裂によって新しい細胞が生成される。
有棘層:新しい細胞が成長し、角質層へと移動する。
顆粒層:細胞が角質化し、弾力性や保湿性を高める。
角質層:古い細胞が剥がれ落ちる。

基底層

基底層は、表皮の最下層に位置する細胞層です。
基底層の細胞は、常に細胞分裂を繰り返しており、新しい細胞が生成されています。

基底層の細胞分裂は、ヒト成長ホルモンやビタミンA、ビタミンCなどの栄養素によって促進されます。
一方で、紫外線やストレスなどの影響によって抑制されます。

有棘層

有棘層は、基底層から生成された新しい細胞が移動してくる層で、細胞分裂を繰り返しながら成長し、角質層へと移動していきます。

有棘層の細胞には、角質細胞をつなぎ合わせる「デスモソーム」と呼ばれる構造があり、細胞同士を密着させて、肌の表面を滑らかに保つ役割があります。

顆粒層

顆粒層は、有棘層から移動してきた細胞が角質細胞へと変化する層です。
顆粒層の細胞は、タンパク質や脂質などの成分を蓄積して、角質細胞へと変化します。

顆粒層の細胞が角質細胞へと変化する過程で、肌の弾力性や保湿性が高まります。

角質層

角質層は、表皮の最上層に位置する細胞層です。
角質層は、古い細胞が剥がれ落ちることで、新しい細胞と入れ替わります。

健康な角質層は水分を15〜30%含んでおり、肌の表面を保護するバリア機能や保湿機能の役割があります。

ターンオーバーが乱れる原因は様々

ターンオーバーが乱れる理由はいくつかありますが、原因を理解することで、お肌の健康を保つための対策することことができます。

紫外線

紫外線は、肌のターンオーバーを遅らせる大きな原因です。

紫外線は、肌の細胞にダメージを与え、ターンオーバーを正常に行うための細胞分裂を阻害します。

紫外線が肌に当たると、肌の細胞にはフリーラジカルと呼ばれる活性酸素が発生します。

フリーラジカルは、細胞のDNAやタンパク質を損傷し、細胞の正常な機能を妨げます。

乾燥

肌の乾燥は、ターンオーバーの周期を乱す原因となります

肌が乾燥すると、角質層が厚くなり、ターンオーバーを促進するセラミドやヒアルロン酸などの成分が浸透しにくくなります。

また肌が乾燥すると、肌の血行が悪くなります。
血行が悪くなると、肌に必要な栄養や酸素が行き渡りにくくなり、ターンオーバーが乱れやすくなります。

寝不足

不足になると、 ターンオーバーを促進するホルモンの分泌が低下します。
その理由は、睡眠中に成長ホルモンが最も多く分泌されるためです。

寝不足になると、睡眠時間が短くなるため、成長ホルモンの分泌量が減少します。

ストレス

ストレスを受けると、副腎からコルチゾールというホルモンが分泌されます。

コルチゾールは、ストレスに対処するために必要なホルモンですが、過剰に分泌されると、ターンオーバーを遅らせる働きがあります。

またストレスは、自律神経の乱れにも影響があります。

自律神経は、心身をコントロールする神経系の一種です。
自律神経が乱れると、ホルモンバランスが崩れ、ターンオーバーが乱れやすくなります。

ターンオーバーが乱れるとお肌には色々なトラブルが・・・

ターンオーバーが乱れることで、お肌はたくさんのトラブルが発生します。

たるみやシワ

コラーゲンやエラスチンは、肌のハリや弾力に欠かせない成分です。

ターンオーバーが乱れると、コラーゲンやエラスチンの合成が遅れ、肌のハリや弾力が低下します。
そのため、たるみやシワの原因となります。

シミやくすみ

古い角質が肌に残っていると、メラニンが排出されにくくなり、シミやくすみの原因となります。

また、ターンオーバーが遅くなると、メラニンの排出が追いつかず、シミやくすみが濃くなってしまうこともあります。

ニキビや肌荒れ

ターンオーバーが遅くなると、古い角質が肌に残りやすくなります。

古い角質が毛穴に詰まると、毛穴の中の皮脂や汚れが排出されにくくなり、ニキビや肌荒れの原因となります。

毛穴に詰まった古い角質は、アクネ菌の繁殖に適しており、アクネ菌が繁殖すると、炎症を起こしてニキビや肌荒れを引き起こします。

ターンオーバーの周期改善に「MIREYエクセレントオイル」

正常なターンオーバーを促進するためには「酸素」が必須です。

酸素が不足した肌は、新しい細胞が生まれるときに必要なエネルギーも不足しているため、ターンオーバーが乱れてしまいます。

高濃度酸素オイル「MIREYエクセレントオイル」は、肌に酸素を与え、肌細胞を作り出す力(ターンオーバー)を活性・正常化させます。

お悩みの方はぜひ一度お試しください。

商品詳細はこちら!