手から年齢が丸わかり!? 老け手を防ぐための簡単ケア


「手は第二の顔」という言葉があるように、手は顔以上に年齢が出やすいと言われています。

手は顔や体に比べて、露出度が高く、紫外線や乾燥などのダメージを受けやすい部位です。

そのため年齢とともに、シワやシミ、血管の浮きなど、老け見えの症状が現れやすくなります。

そこで今回は、手が老けて見えてしまう原因を防ぐための簡単ケアをご紹介します。

顔と同じくらい手をケア出来ていますか?

全国の20代〜60代女性800人に実施したアンケートによると、顔のケアに注力する女性の割合が66%なのに対して、手のケアに注力する女性の割合は24%でした。

また「自身の手の老け見えに対してのハンドケアに満足していますか?」という質問に対しては、78%の女性が満足していないという結果となりました。

顔をケアする方法は知っていても、手のケアに悩みがある女性が多いことがわかります。

引用:女性の老け手に関する意識と実態調査

どんな手が老けて見えるの?

「どのような手が老けて見えると思いますか?」という質問に対し、
1位「しわが目立つ手」
2位は年代で結果が分かれ、
20代~30代は「乾燥した手」
40代〜60代は「しみがある手」となりました。

手も顔と一緒で、しわやシミがあると老けて見えることが判明しました。

引用:女性の老け手に関する意識と実態調査

手が老けてしまう原因とは?

手が老けて見えるとよく耳にしますし、手のケアで悩む女性がとても多いです。

では具体的に何が原因で手が老けて見えるのでしょうか。

シワやたるみ

シワやたるみは、老け手に見える代表的な症状です。

シワは、肌の真皮層にあるコラーゲンやエラスチンの減少によって起こります。

また、たるみはコラーゲンやエラスチンの減少に加えて、皮膚の弾力やハリの低下によって起こります。

乾燥

手は顔よりも皮脂腺が少なく、乾燥しやすい部位です。

そのため、乾燥すると肌の弾力やハリが失われ、シワやたるみなどの老化症状が現れやすくなります。

血管の浮き

血管の浮きは、血行不良やコラーゲンの減少などによって起こります。

手は、顔よりも露出しているため、血管の浮きが目立ちやすい部位です。

手の血管が昔よりも目立ってきたと感じたら、老化が進んでいるサインかもしれません。

爪が荒れている

手の甲や指をケアする人は多いですが、爪もしっかりケアしましょう。

爪の表面に縦線が入っている、ボコボコしている、二枚爪が目立つ、そんな爪のトラブルも手が老けて見える原因になります。

ハイポニキウムの状態が悪い

手のケアで意外と見落としてしまうのが「ハイポニキウム(爪下皮)」

ハイポニキウム(爪下皮)とは、爪の裏側にある薄い膜で、爪と指先の皮膚をくっつけている役割があります。

ハイポニキウム(爪下皮)は、爪の健康を維持するために重要な存在ですが、加齢とともに薄くなったり、乾燥したりすることがあります。

ハイポニキウムが薄くなると、爪が割れやすくなったり、感染症にかかりやすくなったりします。

またハイポニキウムが乾燥すると、ささくれやひび割れができることもあるので、ケアを怠ると老け見えの原因になります。

日常でやるべきハンドケア習慣

ハンドケアで大切なことは「継続」です。

時間がある時に・・・思い出した時・・・ではなく、毎日ケアすることで結果に繋がりますので、毎日出来るハンドケアをご紹介します。

保湿をしっかり行う

手が老けて見える原因の一つは乾燥です。

乾燥を防ぐために、ハンドクリームやローションをこまめに塗るようにしましょう。

特に手を洗った後は、しっかりと保湿することが大切です。

紫外線対策

紫外線は、シミやシワの原因となります。
シミやシワが増えると老け手になってしまうので、しっかりケアをしましょう。

外出するときは、手袋や日焼け止めクリームで手を紫外線から守るようにしましょう。

特に冬は紫外線を強く感じない為、紫外線対策をしない方が多いですが、肌にダメージを与えるには十分な紫外線量があります。

手の血行促進

手の血行を促進することで、肌のターンオーバーが活性化されます。

ターンオーバーとは、肌の細胞が生まれ変わるサイクルのことです。

ターンオーバーが活性化されることで、シミやたるみ、さらには血管の浮きを改善することができます。

ハイポニキウムのケア

綿棒に美容液やオイルを適量取り、爪の先端と皮膚の間に塗ることで、乾燥を防ぐことができます。

また乾燥を防ぐだけでなく、ハイポニキウムを伸ばすことで爪の土台となるネイルベッドが伸びるので、スラっと長い指先に見えます。

ハイポニキウムのケアにオススメのオイルはこちら

年齢不詳の手美人を目指すなら鍵は「酸素」

シミや乾燥、ハイポニキウムの状態不良が原因で老けに見えてしまいますが、そのどれもが肌のターンオーバーのサイクルを改善することで、解決するかもしれません。

正常なターンオーバーを促進するためには「酸素」が必須です。

酸素が不足した肌は、新しい細胞が生まれるときに必要なエネルギーも不足しているため、ターンオーバーが乱れてしまいます。

高濃度酸素オイル「O2クラフト」は、肌に酸素を与え、肌細胞を作り出す力(ターンオーバー)を活性・正常化できる唯一無二の商品です。

ハンドケアでお悩みの方はぜひ一度お試しください。

O2クラフトの詳細はこちら


記事の監修

根本 澪(ねもと みお)

専門分野:スキンケア、カウンセリング、エステティック

▶プロフィールはこちら

・美容専門学校エステ科卒業

美容の基礎となる知識と技術を学び、エステティックの世界への第一歩を踏み出す。


・エステティシャン、セラピスト(18歳~22歳)

大手エステサロン、個人経営のエステサロン、ブランドスパにて実務経験を積む。

この時期、幅広い客層に対応し、多様なスキンケアニーズに応える力を養う。


・王道エステインストラクター(22歳~29歳)

大手エステ商材メーカーにてインストラクターとして勤務。

エステティシャンへの技術指導や商品知識の伝達を行い、業界内での経験と知識を深める。


・オールラウンドビューティーエキスパート(29歳~39歳)

株式会社ZIGにて講師、インストラクター、企画、営業、マーケティングといった多岐に渡る業務を担当。

この期間、美容と健康に対する深い理解と多角的なアプローチを駆使し、業界内での革新と成長に貢献。

特に酸素オイルのポテンシャルを深く掘り下げ、その知識を基に消費者への啓蒙、製品開発のサポート、販売戦略の策定に至るまで、業務の幅を広げながら美容概念の一新に努めた。

その結果、真の健康と美を追求する新たな基盤を築き上げ、業界における持続可能な発展に大きく寄与した。


・ライフスキンケアカウンセラー(40歳~現在)

豊富な経験と専門知識を活かし、フリーランスとしてスキンケアカウンセラーとして活動中。

一人ひとりの肌質やライフスタイルに合わせたパーソナライズされたアドバイスを提供し、多くのクライアントから信頼を得る。



・私の歩み

18歳から美容業界でのキャリアをスタートし、多くの方々の美と健康に携わってきました。

自身がアトピー、敏感肌、吹き出物、さらには老化といった肌の悩みを持つことで、試行錯誤を重ねながら、深い理解と対応策を学んできました。

これらの経験やたくさんの方のお肌の情報が今、さまざまなお悩みへのアドバイスやカウンセリングに生かされています。

流行に流されず、一人ひとりの体と肌に真摯に向き合い、自分に合ったライフケアを見つけるお手伝いをしています。

このアプローチは、「美しさは内面から」の信念と密接に結びついており、心と体の両方からのアプローチを重視しています。



・美の信念

スキンケアは、ただのルーティンではなく、自己表現と自己ケアの一形態であると考えています。

自分自身の経験を通じて、真の美しさとは何か、それを追求し続けています。