5月が旬のダージリン・プッタボンをご紹介


紅茶の産地には、質の高い茶葉が作られる旬の時期があります。

それは「クオリティシーズン」と呼ばれ、各地域の気候によって決まるもので、インドの北東部のダージリンには、クオリティーシーズンが3回あり、収穫の時期によって呼び名が異なります。

今回は、ALTHAUSの茶葉の中で「ファーストフラッシュ」と呼ばれる、今の時期に採れた(春摘み)の”ダージリン プッタボン”をご紹介します。

「ファーストフラッシュ」で採れたダージリンは、やわらかな芯芽を摘みとった1年で最初に収穫されたお茶で、緑の葉が多く、若々しく繊細なフレーバーが特徴です。

またダージリンが収穫された「プッタボン茶園」は、ダージリンを栽培されている茶園の中で、最初に作られた大規模農園といわれています。

「プッタボン」とは、現地語で「葉が豊かに茂るところ」という意味。

今の時期、オンザロックでも、もちろんホットでもお楽しみいただけます。

是非、お楽しみください。


商品詳細はこちら